本文へ移動

正美の釣り日記

RSS(別ウィンドウで開きます) 

我が家の ≪鯛めし≫

2012-08-05
鯛1匹丸ごと豪快に・・・
クンクンは骨がお目当て
7月に釣れた チダイ を女房が ≪鯛めし≫にしていた。

鯛は、あらかじめサッと素焼きにしておく・・・香ばしくてご飯がうまくなる
米を研ぎ、いつも通りの水加減で、いつも通り20分ほどねかせておく。
昆布を乗せ、その上に素焼きした鯛を乗せ、
醤油(言わずと知れた飯沢さんの醤油)を数滴まわし入れる。
あとは、ふたをして、≪炊き込みご飯≫でセット

炊き上がったら、昆布と鯛を取り出し、鯛の身をほぐし(ホネが入らないよう)
ご飯に混ぜて出来上がり。

炊飯釜からいい匂いがするので、愛犬クンクンが離れない

昆布と鯛のうまみが凝縮されて、うんまてうんまてわからんちゃ

一度お試しあれ・・・



8月4日 へいあん丸にて ハチメ釣り

2012-08-04
へいあん丸船長 撮影
でかいのがおった・・・刺身用
暑さに負けず、ツバの大きな麦わら帽を用意して、いざ出港
へいあん丸は、順調にポイントに向かう。

今日も サメ との闘い

仕掛けを持っていかれながらも、あきらめず挑む

まずまずの釣果

珍しくドンボイワシも釣れる。刺身にすると絶品とか
今夜も、板前に変身して、イッチョ頑張るかぁ・・・

ゑびす祭

2012-07-29
兄貴と休日漁師・・・いいコンビやちゃ
自衛艦旗で勇ましく!!
昌美丸を守ってくれっしゃい
7月最終土曜日と翌日・・・今年は7月28日・29日
地元 生地の漁師のまつり≪ゑびす祭≫が華々しく開催された。

今年は、愛船 “昌美丸” に大漁旗を飾り付けることにした。
昨年、女房と義母が新調し、プレゼントしてくれた
思いがけない品にちょっこりびっくりしたちゃ

28日朝、兄貴に手伝ってもらい、昌美丸をグレードアップ
自衛艦旗でちょっこりカッコつけてみたちゃ

≪魚の駅≫には、
昔から伝わる大黒様とゑびす様(商売繁盛と海の守り神)もお目見え
祭りムードが一気に盛り上がる。
夜は花火大会があり、走行する船からのスターマインが見ごたえあり
また、大漁旗や提灯で飾った満艦飾船のパレードは、なかなかの迫力
毎年、生地の浜が見物客で賑わう



自我自賛

2012-07-23
7.22 へいあん丸乗船 釣果・・・氷の下に!!
男の料理・・・どうよ!!
21日夕方、輪島の釣り船『へいあん丸』より、明朝出港できると連絡あり
このところ、天気の神様が機嫌よく、予定通りに釣りを楽しめる

22日、サメに一発目を狙われるも、休日漁師の意地を見せつける

釣果は・・・

☆ ハチメ  だいたい 70匹 大物もおったのぉ
☆ トラギス        5匹 でっかなっとったちゃ
☆ チダイ         1匹


・・・で23日、板前に変身でかいハチメを2匹、刺身にする。
アラはもちろん 味噌汁 キモがまったりとして何とも言えんがいちゃ

何度も包丁を握るうち、少しずつ自信がついてきた。
まだまだ、へたくそだが、面白くなってきたちゃ




ハチメの刺身と煮つけ

2012-07-21
豪華そうにできたちゃ!!
こっつりとうんまなったちゃ!!
氷の下に・・・(*^_^*) 7月18日の釣果
今日は女房の誕生日・・・心して、包丁を握る

刺身はちょっと頑張って
大根のツマと花壇に勝手に育っていた大葉をあしらってみた。
それらしくなったやろぅ

煮つけは、女房におまかせ。
水は一滴も使わず、
酒・みりん・醤油(もちろん近所の飯沢醤油味噌店の醤油)で味付け。
これがまた、こっつりと味がしみて旨い

滑川市で新婚生活をしている長男夫婦にもおすそ分け
どうよ!オヤジも本気になれば、このくらいは・・・

誕生日の自分祝いで、ヘッドスパとやらを体験した女房、
『なんだか若返ったちゃ』といつになく上機嫌だ

『正美さんに作ってもらう魚料理、カクベツやちゃ』と義母も満足そうだ



有限会社正美創作
〒937-0012

富山県魚津市東尾崎3428
TEL.0765-55-4206
FAX.0765-55-4903
───────────────
1.木製品&オーダー家具設計施工
2.NCルーター・ボーリング加工
3.再生木加工
4.各種エクステリア製作
───────────────

0
1
4
3
9
6
TOPへ戻る